新着情報

   2017/12/12 「これからの野高生へ」ページ「私、片手がないだけなので」掲載しました。
  2017/12/11 「校長ブログページ」ページ「学校の常識は世間の非常識」掲載しました。
  2017/12/08 「これからの野高生へ」ページ「イマジン」掲載しました。
  2017/12/07 「校長ブログ」ページ「安藤忠雄の挑戦」掲載しました。
  2017/12/06 「校長ブログ」ページ「人の話をよく聞かない」掲載しました。
        トップページの野幌高校WEB通信に「3学年「生活と地域」福祉教育アドバイザー派遣授業(2)」
        「防災講話」掲載しました。
 

緊急連絡

特にありません

 

Nopporo High School Report

野幌高校WEB通信 >> 記事詳細

2017/10/17

3学年「生活と地域」福祉教育アドバイザー派遣授業

| by 野幌高校01
10月17日に3年生学校設定科目「生活と地域」(ライフサポートフィールド)で「視覚障がいについての講義・実習及び盲導犬体験」を行いました。
この授業は北海道保健福祉部福祉局地域福祉課による「次世代の担い手育成推進事業」の一環として行われたもので、公益財団法人北海道盲導犬協会から福見恵里先生と盲導犬のロン君(5歳)をお迎えして、視覚障がいや盲導犬、視覚障がい者を誘導する方法についてお話していただき、実際に代表生徒が盲導犬歩行、白杖歩行を体験しました。
生徒からは「アイマスクをつけて歩くのは想像以上に怖くて、手を引いてくれる人がいなければ動けなかった。先生に教えてもらったように、街で視覚に障がいを持つ方が困っているようなら「お手伝いできることはありますか」と声をかけようと思った。」「盲導犬がはたす役割の大きさを知る事ができて勉強になった。ハーネスをつけている時は触らないようになど、盲導犬に出会った時の注意点も聞くことができて良かった。」といった声が聞かれました。
 
 
     
  

16:30