校長ブログ

校長ブログ >> 記事詳細

2018/06/27

目が見えない

| by 野幌高校校長
 ある新聞の「患者を生きる」という特集に、20代前半で両目の視力をほぼ失った女性の話が出ていました。
 心身障がい福祉センターの指導員から「できることを増やしていこう」と言われ、点字の読み方や白杖(はくじょう 白いつえ)を使った歩き方を覚えました。料理も教わり、携帯電話の練習もしました。
 ある日彼女は「生活訓練は目的じゃなく手段。本当の目的は自分が何がしたいかを見つけることなんだ。あなたは何をしたいの?」と問いかけられ「目が悪くてもできる仕事をしたい。手に職をつけたい」と思い、マッサージ師になるため、三年課程の学校に通いました。
 その最中、アテネ・パラリンピックで、3人ずつに分かれ、鈴を入れたボールを転がし、音や気配を頼りに相手ゴールを狙う「ゴールボール」という競技で日本の女子が銅メダルを獲得したことを知りました。
 「本当に目が見えんと?すごい。かっこいい」
 彼女はすぐにコーチを探し「私もやってみたい」と行動に出たそうです。
 どんなときでも、できることがある。出会いが、可能性を広げると思います。
 野高生の皆さんにも、人、本、ネット、テレビなど、様々な場で「できることを増やす」出会いをしてほしいと思います。

08:21

保護者の皆様へ

「緊急連絡メール配信」に係る受信の設定について(お願い)

9月10日に生徒を通じて次の文書を配布しています。ご確認ください。
「緊急連絡メール配信」に係る受信の設定について(お願い).pdf

女子用指定スラックスの導入について(お知らせ)

女子生徒の冬期間の防寒や健康への配慮等から女子用指定スラックスを導入することになりました。詳しくは9月25日付で配布した次の文書をご覧ください。

女子用指定スラックスの導入について(お知らせ).pdf

11月2日の配布物について

11月2日に生徒を通じて次の文書を配布しています。ご確認ください。

臨時休校に伴う冬季休業の日程の変更について(お知らせ).pdf

PTA研修会「陶芸体験教室」について(ご案内).pdf
 

省エネへの取り組み

節電に努める他、設備の更新時にはエネルギー効率の高い設備の選定を検討しており、平成29年度においては、電源立地地域対策交付金を活用し、体育館の照明設備をLED化しました。
電源立地地域対策交付金についてはこちら
 

野幌高校パンフレット

 パンフレット
1P.pdf
  2P.pdf




  
3P.pdf
  4P.pdf

  
 

新しいタイプの高校の紹介ビデオ

新しいタイプの高校の紹介ビデオ
「ようこそ わたしたちの学校へ ~北海道の新しいタイプの高校~」

(新しい高校づくり推進室のホームページにリンクします)
本校の取り組みも紹介されています!!
 

カウンタ

COUNTER213513

バナー