校長ブログ

校長ブログ >> 記事詳細

2017/12/07

安藤忠雄の挑戦

| by 野幌高校校長

建築家の安藤忠雄は半世紀余り建築に関わってきて、全てに異なる条件と課題があったと言います。そのため、異なるプロセスがあり、それはいつも挑戦であったと。
 人は夢の中ではなく、現実のただ中で生きます。現実をとらえ、現実と格闘し、何かを実現しようとするとき、必ず条件と課題があり、全てが恵まれ、何の困難もないことはありません。現実がある。そこからどうするかという生き方が、昔も今も問われるのだと思います。
 「現実がわるいことが夢を見ない理由にはならない」。私の好きな安藤のことばです。


05:12