校長ブログ

校長ブログ >> 記事詳細

2018/02/20

まずは「よかった」と口にする

| by 野幌高校校長

 以前テレビで見た経営者のことばが忘れられません。どんな問題が起きても、どんなトラブルがあっても、まずは「よかった」と言おう、と。「よかった」と言い、「なぜなら」と続けます。すると、常にプラス思考になれるというのです。「まずい」と言うと、ますますまずくなり、それは伝染する。困ったときでも、よいところを探す。よい面を見つける。問題やトラブルはなくなりませんが、前向きな対応ができるとのことです。
 確かに口癖は大切です。口癖で思考が習慣化し、精神のある傾向が強化されていきます。
 「どうせ」「だって」ばかり口にしていると、どんどんダメになっていきそうです。
 野高生の皆さん、楽しく生きられる口癖を身につけましょう。


05:28

省エネへの取り組み

節電に努める他、設備の更新時にはエネルギー効率の高い設備の選定を検討しており、平成29年度においては、電源立地地域対策交付金を活用し、体育館の照明設備をLED化しました。
電源立地地域対策交付金についてはこちら
 

野幌高校パンフレット

 パンフレット
 1P.pdf  2P.pdf


  
 3P.pdf
   4P.pdf
  
 

新しいタイプの高校の紹介ビデオ

新しいタイプの高校の紹介ビデオ
「ようこそ わたしたちの学校へ ~北海道の新しいタイプの高校~」

(新しい高校づくり推進室のホームページにリンクします)
本校の取り組みも紹介されています!!
 

バナー







 

カウンタ

COUNTER185502