校長ブログ

校長ブログ >> 記事詳細

2017/11/20

ロダン、見るということ

| by 野幌高校校長

ロダン(1840~1917)というフランスの彫刻家を知っていますか。
 代表作は「地獄の門」「接吻」「カレーの市民」。最も有名なのは「考える人」で、世界遺産となった東京上野の国立西洋美術館にもあります。
 先日映画「ロダン」を観ました。美しい繊細な映像と音楽が素晴らしく、ロダン役の俳優の鋭く情熱的な眼が印象に残りました。
 ロダンは見ることについて、いくつものことばを残しています。彼いわく「芸術とは自然が人間に映ったもの。肝心なことは鏡を磨くこと」「眼が見えるということは、一生涯かかる教育の果実」。
 毎日普通に見ているつもりですが、見ることは深いのですね。


05:28

省エネへの取り組み

節電に努める他、設備の更新時にはエネルギー効率の高い設備の選定を検討しており、平成29年度においては、電源立地地域対策交付金を活用し、体育館の照明設備をLED化しました。
電源立地地域対策交付金についてはこちら
 

野幌高校パンフレット

 パンフレット
 1P.pdf  2P.pdf


  
 3P.pdf
   4P.pdf
  
 

新しいタイプの高校の紹介ビデオ

新しいタイプの高校の紹介ビデオ
「ようこそ わたしたちの学校へ ~北海道の新しいタイプの高校~」

(新しい高校づくり推進室のホームページにリンクします)
本校の取り組みも紹介されています!!
 

カウンタ

COUNTER185684

バナー