校長ブログ

校長ブログ >> 記事詳細

2018/03/08

東大生と野高生

| by 野幌高校校長

 東大生も野高生も同じです。
 「東大ドリームネット」という学生団体があり、年二回在校生と卒業生の交流会を企画運営しています。新聞記事によると、たとえば「将来が心配。選択肢が多くて選べないでいる。」と学生が相談しています。
 よくわかります。自分の適性や未来の社会がよくわからないので不安になります。どういう進路を選択するかも決めるのは易しくありません。しかし、進んでいかなければならない。どう考え、どう決めればよいのか。
 また「自分にとっての幸せとは何か」をテーマに話し合っています。このテーマの大切さについても、東大生と野高生は同じです。
 野高生の皆さん、将来のことをどんなふうに考えていますか。幸せとは何ですか。


05:22

省エネへの取り組み

節電に努める他、設備の更新時にはエネルギー効率の高い設備の選定を検討しており、平成29年度においては、電源立地地域対策交付金を活用し、体育館の照明設備をLED化しました。
電源立地地域対策交付金についてはこちら
 

野幌高校パンフレット

 パンフレット
 1P.pdf  2P.pdf


  
 3P.pdf
   4P.pdf
  
 

新しいタイプの高校の紹介ビデオ

新しいタイプの高校の紹介ビデオ
「ようこそ わたしたちの学校へ ~北海道の新しいタイプの高校~」

(新しい高校づくり推進室のホームページにリンクします)
本校の取り組みも紹介されています!!
 

カウンタ

COUNTER185646

バナー