校長ブログ

校長ブログ >> 記事詳細

2018/02/23

言葉にできるは

| by 野幌高校校長

 電通のコピーラーター梅田悟司氏の著書『言葉にできるは武器になる』は昨年のベストセラーです。梅田氏は「世界は誰かの仕事でできている」「バイトするならタウンワーク」で有名です。
 言葉にできると、自分を知ることができます。逆に言うと、言葉にできないと、自分が考えていることを把握することができません。言葉にできないのは「考えていない」のと同じことです。
 自分の想いを言葉として書き出してみること。言葉の解像度を高め、自分の大切なものやビジョンを認識できれば、真のコミュニケーションを図り、共感も広がると梅田氏は言います。
 野高生の皆さん、まずはノートの白いページに自分の考えを書いてみましょうか。


06:07

保護者の皆様へ

「緊急連絡メール配信」に係る受信の設定について(お願い)

9月10日に生徒を通じて次の文書を配布しています。ご確認ください。
「緊急連絡メール配信」に係る受信の設定について(お願い).pdf

女子用指定スラックスの導入について(お知らせ)

女子生徒の冬期間の防寒や健康への配慮等から女子用指定スラックスを導入することになりました。詳しくは9月25日付で配布した次の文書をご覧ください。

女子用指定スラックスの導入について(お知らせ).pdf

11月2日の配布物について

11月2日に生徒を通じて次の文書を配布しています。ご確認ください。

臨時休校に伴う冬季休業の日程の変更について(お知らせ).pdf

PTA研修会「陶芸体験教室」について(ご案内).pdf
 

省エネへの取り組み

節電に努める他、設備の更新時にはエネルギー効率の高い設備の選定を検討しており、平成29年度においては、電源立地地域対策交付金を活用し、体育館の照明設備をLED化しました。
電源立地地域対策交付金についてはこちら
 

野幌高校パンフレット

 パンフレット
1P.pdf
  2P.pdf




  
3P.pdf
  4P.pdf

  
 

新しいタイプの高校の紹介ビデオ

新しいタイプの高校の紹介ビデオ
「ようこそ わたしたちの学校へ ~北海道の新しいタイプの高校~」

(新しい高校づくり推進室のホームページにリンクします)
本校の取り組みも紹介されています!!
 

カウンタ

COUNTER213549

バナー