校長ブログ

校長ブログ >> 記事詳細

2018/07/30

騒ぐということ

| by 野幌高校校長
 先日、私の家のすぐ近くの公園で、クラスTシャツ姿の高校生男女約20名が騒いでいました。水風船を投げ合い、大声を上げていました。とても楽しそうで、無邪気と言えば無邪気なのですが、18時頃になり、さすがに注意しに行こうかと思っていたところ、だれかが通報したようで警察が来ました。指導を受け、水風船の残骸を拾い、帰って行きました。
 騒いでいる側は楽しいのですが、周囲には迷惑です。自分たちの楽しさしかわからないのは、もっと年齢の低い段階です。幼稚園や小学校で教わり、他人に迷惑をかけないよう、自制する力を身につけます。
 こうしたことは形式的な問題ではありません。想像力を働かせ、他人の身になって考え、適切に判断して行動することが大切ではないでしょうか。

10:17

省エネへの取り組み

節電に努める他、設備の更新時にはエネルギー効率の高い設備の選定を検討しており、平成29年度においては、電源立地地域対策交付金を活用し、体育館の照明設備をLED化しました。
電源立地地域対策交付金についてはこちら
 

野幌高校パンフレット

 パンフレット
 1P.pdf  2P.pdf


  
 3P.pdf
   4P.pdf
  
 

新しいタイプの高校の紹介ビデオ

新しいタイプの高校の紹介ビデオ
「ようこそ わたしたちの学校へ ~北海道の新しいタイプの高校~」

(新しい高校づくり推進室のホームページにリンクします)
本校の取り組みも紹介されています!!
 

バナー







 

カウンタ

COUNTER185440