校長ブログ

校長ブログ >> 記事詳細

2018/03/06

読書をしない大学生

| by 野幌高校校長

 日本の大学生の半分(53.1%)は一日全く読書をしないという調査結果が新聞などで話題になっています。読書時間の平均は一日23.6分、5年前の4分の3になっています。読書する人の平均読書時間は約1割長くなっていますから、読む人と読まない人の二極化が進んでいます。二極化というのは様々な面で指摘されます。
 私は読書だけがよい、読書が人生のすべてとは思いません。人としてよく生きることと読書量が比例するわけでもないと思います。
 しかし、大学は学問研究をするところ、先人が苦労して築き上げた知を学ぶところです。思考・判断・表現といった活用力が大切なのは高校と同じですが、活用する材料がなければ、薄っぺらな活用結果しかありません。活用の仕方も本からたっぷりと学べます。本を読まず、先生の講義だけでは、活用の材料は貧しい限りです。
 野高生の皆さんには、進学か就職かに関係なく、自分なりのやり方で読書をしてほしいと思います。自分の興味・関心に合ったものを見つければよいのですが、そのためには、本屋に身を置くしかありません。
 本屋に行く時間があるでしょうか。学校の図書館は利用していますか。ベストセラーの新刊や読みやすい新書や文庫が充実していますよ。
 是非、足を運んでください。


05:42

省エネへの取り組み

節電に努める他、設備の更新時にはエネルギー効率の高い設備の選定を検討しており、平成29年度においては、電源立地地域対策交付金を活用し、体育館の照明設備をLED化しました。
電源立地地域対策交付金についてはこちら
 

野幌高校パンフレット

 パンフレット
 1P.pdf  2P.pdf


  
 3P.pdf
   4P.pdf
  
 

新しいタイプの高校の紹介ビデオ

新しいタイプの高校の紹介ビデオ
「ようこそ わたしたちの学校へ ~北海道の新しいタイプの高校~」

(新しい高校づくり推進室のホームページにリンクします)
本校の取り組みも紹介されています!!
 

カウンタ

COUNTER185831

バナー