校長ブログ

校長ブログ >> 記事詳細

2018/07/27

やまゆり園

| by 野幌高校校長
 二年前の夏、2016年7月26日、神奈川県相模原市「津久井やまゆり園」の入所者殺傷事件が起こりました。
 元職員植松被告のことばを私は忘れられません。「障害者は生きている意味がない」「不幸を作る障害者はいなくなればいい」
 私はそんなことを言う資格はだれにもないと思います。障害と言われることは、一つの課題だと思っています。そして、全ての人に課題があります。課題がない人、欠点がない人はいません。課題があっても、過ちを犯すことがあっても、それを直視し、自分にできることをする。だれかを助け、だれかに助けてもらう。努力し、サポートし合う。支え合い、励まし合うのが社会だと思います。
 これは私の考えです。野高生の皆さんにも、どんな社会がよいのか、そのために自分には何ができるのか、考えていってほしいと思います。

08:14

省エネへの取り組み

節電に努める他、設備の更新時にはエネルギー効率の高い設備の選定を検討しており、平成29年度においては、電源立地地域対策交付金を活用し、体育館の照明設備をLED化しました。
電源立地地域対策交付金についてはこちら
 

野幌高校パンフレット

 パンフレット
 1P.pdf  2P.pdf


  
 3P.pdf
   4P.pdf
  
 

新しいタイプの高校の紹介ビデオ

新しいタイプの高校の紹介ビデオ
「ようこそ わたしたちの学校へ ~北海道の新しいタイプの高校~」

(新しい高校づくり推進室のホームページにリンクします)
本校の取り組みも紹介されています!!
 

カウンタ

COUNTER185809

バナー