緊急連絡

特にありません

 

Nopporo High School Report

野幌高校WEB通信 >> 記事詳細

2017/12/06

3学年「生活と地域」福祉教育アドバイザー派遣授業(2)

| by 野幌高校01
12月5日に3年生学校設定科目「生活と地域」(ライフサポートフィールド)で「聴覚障がいについての講義」を行いました。
この授業は北海道保健福祉部福祉局地域福祉課による「次世代の担い手育成推進事業」の一環として行われたもので、北海道ろうあ連盟から山陰正信様と手話通訳者の方にお越しいただき、聞こえないことや聴覚障がいを取り巻く社会環境についてお話していただきました。
生徒からは「耳で入る情報はたくさんあり、それが聞き取れなくて苦しい思いをしている人がこの世界にはたくさんいるという事がわかった。耳が聞こえることが当たり前ではないことを忘れずに、街中で困っている人を見かけたら、自分で何かできることを探したいと思った。」「指文字を覚えるのもやってみるのも大変だった。手話はもっと大変で、手話通訳士の方はすごいと思った。」「災害の時に耳の不自由な方に出会ったら、危険な状況であることや避難する方向など身振り手振りでも伝える事が大事だと知ることができた。」という声が聞かれました。

  

15:10

省エネへの取り組み

節電に努める他、設備の更新時にはエネルギー効率の高い設備の選定を検討しており、平成29年度においては、電源立地地域対策交付金を活用し、体育館の照明設備をLED化しました。
電源立地地域対策交付金についてはこちら
 

野幌高校パンフレット

 パンフレット
 1P.pdf  2P.pdf


  
 3P.pdf
   4P.pdf
  
 

新しいタイプの高校の紹介ビデオ

新しいタイプの高校の紹介ビデオ
「ようこそ わたしたちの学校へ ~北海道の新しいタイプの高校~」

(新しい高校づくり推進室のホームページにリンクします)
本校の取り組みも紹介されています!!
 

バナー







 

カウンタ

COUNTER174143