校長ブログ

校長ブログ >> 記事詳細

2018/07/25

横浜の夏

| by 野幌高校校長
 横浜で二年間暮らしたことがあります。空の青い色を忘れてしまうぐらい、曇りと雨が続く梅雨がやっと終わったと思うと、太陽の殺意を感じるほどの強烈な日差しで、アスファルトは焼け焦げるようで、熱風が吹きつけ、夏がつらかったです。一日に何回も冷水を浴びたくなりました。夜も気温が下がらず、朝から気温は高く、逃げ場なしという感じでした。しかも、アパートの二階からはクーラーの音が響いてきて、苛立ちを禁じ得ませんでした。毎日のように出現するゴキブリが追い打ちをかけました。
 また、当時は電車や建物の中のエアコンが強すぎて、具合がわるくなるほどでした。何度も交互に極度の暑さと寒さを浴びせられ、体がダメージを受けました。
 今ほど水分補給の考えも浸透していなかったと思います。昔は部活動では「暑くても休み時間までは飲まない。根性だ、我慢だ」という文化があったせいかもしれません。水道の水もまずく、ペットボトルの水を買って飲むという習慣もなく、一日何本もジュースを買うのは貧乏学生には不可能であり、ただただ耐えるしかありませんでした。
 道外の40℃ほどではないにせよ、気温の高い日が続くようです。野高生の皆さん、水分補給し、熱中症にならないように。

08:36

保護者の皆様へ

「緊急連絡メール配信」に係る受信の設定について(お願い)

9月10日に生徒を通じて次の文書を配布しています。ご確認ください。
「緊急連絡メール配信」に係る受信の設定について(お願い).pdf

女子用指定スラックスの導入について(お知らせ)

女子生徒の冬期間の防寒や健康への配慮等から女子用指定スラックスを導入することになりました。詳しくは9月25日付で配布した次の文書をご覧ください。

女子用指定スラックスの導入について(お知らせ).pdf

11月2日の配布物について

11月2日に生徒を通じて次の文書を配布しています。ご確認ください。

臨時休校に伴う冬季休業の日程の変更について(お知らせ).pdf

PTA研修会「陶芸体験教室」について(ご案内).pdf
 

省エネへの取り組み

節電に努める他、設備の更新時にはエネルギー効率の高い設備の選定を検討しており、平成29年度においては、電源立地地域対策交付金を活用し、体育館の照明設備をLED化しました。
電源立地地域対策交付金についてはこちら
 

野幌高校パンフレット

 パンフレット
1P.pdf
  2P.pdf




  
3P.pdf
  4P.pdf

  
 

新しいタイプの高校の紹介ビデオ

新しいタイプの高校の紹介ビデオ
「ようこそ わたしたちの学校へ ~北海道の新しいタイプの高校~」

(新しい高校づくり推進室のホームページにリンクします)
本校の取り組みも紹介されています!!
 

カウンタ

COUNTER214530

バナー