これからの野高生へ

これからの野高生へ >> 記事詳細

2017/12/18

エスカレーターの謎

| by 野幌高校校長

エスカレーターは不思議です。なぜ歩く人がいて、しかもその人たちのためにわざわざきちんと右側を空けているか、が謎です。混雑しているときは、少し苛立ちます。誰かに聞いても、おそらく「ずっとそうだから」「みなそうしているか」であり、根拠はありません。いや、むしろエスカレーターの乗り方を説明するプレートでは「手すりをつかまり歩かないこと」となっています。歩きスマホ禁止のマナーを多くの人が破り、暗黙のルールをほとんどの人が守る。不思議です。エスカレーターのメーカーは「エスカレーターは構造的に歩くようには設計されておらず、歩くと故障しやすくなる」と言っています。
 野高生の皆さんにはエスカレーターを駆け上がる人のために右側を空けるルールを変えてほしいなと思いながら、右側に堂々と乗ってじっとしている勇気を出す確率が2割ぐらいの校長です。


06:20

省エネへの取り組み

節電に努める他、設備の更新時にはエネルギー効率の高い設備の選定を検討しており、平成29年度においては、電源立地地域対策交付金を活用し、体育館の照明設備をLED化しました。
電源立地地域対策交付金についてはこちら
 

野幌高校パンフレット

 パンフレット
 1P.pdf  2P.pdf


  
 3P.pdf
   4P.pdf
  
 

新しいタイプの高校の紹介ビデオ

新しいタイプの高校の紹介ビデオ
「ようこそ わたしたちの学校へ ~北海道の新しいタイプの高校~」

(新しい高校づくり推進室のホームページにリンクします)
本校の取り組みも紹介されています!!
 

バナー







 

カウンタ

COUNTER134916