校長ブログ

校長ブログ >> 記事詳細

2018/09/13

聲(こえ)の形

| by 野幌高校校長
 テレビで「聲(こえ)の形」というアニメ映画を観ました。
 テーマは、小学生から高校生になった若者たちが「他者と関わりながらどう生きていくか」です。
 聾唖(ろうあ)者である女子をどう理解し、どう付き合えばよいのか。
 上下の関係、いじめ。
 感情をコントロールできないということ。
 「1+1=2」とはいかない複雑な心理。
 抑えきれない意地悪な気持ち、悪意。
 過ぎてしまったことをどう処理するのか。
 わかっているけれど、やってしまうということ。
 自分の気持ちを素直に表現できないこと。
 自己嫌悪感。
 そして、いくつかの小さな勇気が光をもたらすということ。
 作者はどうして「聲」という難しい字体を使ったのでしょうか。
 石を打ち鳴らし、音が鳴るということ。
 声に込めた力、声がもつ力、声がだれかの耳に届いて声が初めて声として存在するということ。
 そうした人と人との意思疎通を強調するためでしょうか。
 強く心を揺さぶられる映画でした。
 野高生の皆さん、テストも終わりました。映画を観ませんか。

08:07

保護者の皆様へ

「緊急連絡メール配信」に係る受信の設定について(お願い)

9月10日に生徒を通じて次の文書を配布しています。ご確認ください。
「緊急連絡メール配信」に係る受信の設定について(お願い).pdf

女子用指定スラックスの導入について(お知らせ)

女子生徒の冬期間の防寒や健康への配慮等から女子用指定スラックスを導入することになりました。詳しくは9月25日付で配布した次の文書をご覧ください。

女子用指定スラックスの導入について(お知らせ).pdf

11月2日の配布物について

11月2日に生徒を通じて次の文書を配布しています。ご確認ください。
臨時休校に伴う冬季休業の日程の変更について(お知らせ).pdf

学校評価保護者アンケートの実施について(保護者の皆様へお願い)

12月3日付で次の文書を全校生徒に配布しています。ご確認いただき、12月21日(金)までに提出をお願いいたします。
学校評価保護者アンケートについて(お願い)・アンケート用紙.pdf

 

省エネへの取り組み

節電に努める他、設備の更新時にはエネルギー効率の高い設備の選定を検討しており、平成29年度においては、電源立地地域対策交付金を活用し、体育館の照明設備をLED化しました。
電源立地地域対策交付金についてはこちら
 

野幌高校パンフレット

 パンフレット
1P.pdf
  2P.pdf




  
3P.pdf
  4P.pdf

  
 

新しいタイプの高校の紹介ビデオ

新しいタイプの高校の紹介ビデオ
「ようこそ わたしたちの学校へ ~北海道の新しいタイプの高校~」

(新しい高校づくり推進室のホームページにリンクします)
本校の取り組みも紹介されています!!
 

カウンタ

COUNTER227510

バナー