校長ブログ

校長ブログ >> 記事詳細

2017/09/14

条丁目地区と江別港

| by 野幌高校校長

夏休み中のイベントで、江別で活動する二人の方のお話を聴きました。
 一人は「江別におけるコモンズのためのしくみ」代表理事の林匡宏さん。大阪生まれのラガーマンですが、札幌市で都市計画・都市開発コンサルティングをしながら、江別の「条丁目地区」の地域活性化活動を行っています。地域にあって忘れ去られたような「もったいない」スペースを活用し、「銀のしずく」という人が集まる場をつくりました。ビジョンを描き、アクションする。アクションし、ビジョンを練り直す。「機会は宝です」ととても楽しそうに語っていました。
 もう一人はコミュニティHUB「江別港」を運営する橋本正彦さん。江別市の人口の11%にあたる約1万人が大学生であることに注目し、若者と地域を結びつける様々な取組を行っています。「だれのせいにもしない人生を送りたい」ということばが印象的でした。


07:37

省エネへの取り組み

節電に努める他、設備の更新時にはエネルギー効率の高い設備の選定を検討しており、平成29年度においては、電源立地地域対策交付金を活用し、体育館の照明設備をLED化しました。
電源立地地域対策交付金についてはこちら
 

野幌高校パンフレット

 パンフレット
 1P.pdf  2P.pdf


  
 3P.pdf
   4P.pdf
  
 

新しいタイプの高校の紹介ビデオ

新しいタイプの高校の紹介ビデオ
「ようこそ わたしたちの学校へ ~北海道の新しいタイプの高校~」

(新しい高校づくり推進室のホームページにリンクします)
本校の取り組みも紹介されています!!
 

バナー







 

カウンタ

COUNTER127715