これからの野高生へ

これからの野高生へ >> 記事詳細

2018/02/05

腸活

| by 野幌高校校長

腸活ブームです。NHKの特集「人体」でも腸が脚光を浴びていました。
 人の腸には1,000種類以上の腸内細菌が約500~1,000兆個も共生し、健康を維持する環境を作っています。
 例えば、10種類のビフィズス菌は糖を分解して吸収しやすくし、他の糖による腐敗を防ぐ働きをしています。
 このように、腸内の細菌は、消化・吸収・代謝を促進し、病原菌・有害菌の増殖抑制・感染防御をし、免疫系を活性化し、有害・発がん物質の分解と排泄促進をし、また、脳の働きにも大きな影響を与えているそうです。
 インフルエンザが猛威を奮い、本校も1学年、2学年が学年閉鎖になりました。インフルエンザに対抗するために、腸内環境を改善し、善玉菌を増やしましょう。そのためによいとされる、玉ねぎ、キャベツ、ニンニク、ニラ、大豆、サツマイモ、キムチ、バナナ、ヨーグルトをいっぱい摂取しましょう。


05:10

省エネへの取り組み

節電に努める他、設備の更新時にはエネルギー効率の高い設備の選定を検討しており、平成29年度においては、電源立地地域対策交付金を活用し、体育館の照明設備をLED化しました。
電源立地地域対策交付金についてはこちら
 

野幌高校パンフレット

 パンフレット
 1P.pdf  2P.pdf


  
 3P.pdf
   4P.pdf
  
 

新しいタイプの高校の紹介ビデオ

新しいタイプの高校の紹介ビデオ
「ようこそ わたしたちの学校へ ~北海道の新しいタイプの高校~」

(新しい高校づくり推進室のホームページにリンクします)
本校の取り組みも紹介されています!!
 

バナー







 

カウンタ

COUNTER143830