校長ブログ

校長ブログ >> 記事詳細

2017/12/19

22kHz

| by 野幌高校校長

大橋力さんという音楽家がいます。民族音楽を基盤とする「芸能山城組」を主宰しています。もう一つ、科学者の顔もあり、文明科学研究所の所長も務めていますが、可聴域を超える高周波音が脳を活性化する「ハイパーソニック効果」を発見しました。
 1982年、私の二十歳の頃、レコードに代わるCDが製品化されましたが、その際、人間の耳の可聴域22kHzを超える音の成分は不要だとしてカットされました。しかし、大橋さんは、可聴域を超えた高周波音に大切な機能があると直感していました。人類の祖先を育んだ熱帯雨林には、鳥の声や虫の音などの高い周波数で揺らぎに満ちた音があふれていることが大橋さんの頭にありました。実際、科学的研究を進めると、高周波を含む音によって脳の中脳や視床が活性化することがわかりました。そこは情動の中心であり、ドーパミンやベータ・エンドルフィンといった喜びなどの感情をもたらす場所です。
 現在は「ハイレゾ」が登場し、レコードが再び脚光を浴び、音楽フェスやライブの人気が高くなっています。聴覚的には聴こえていない音のよさが、やはりわかるのですね。
 野高生の皆さんは、どんな手段で音楽を聴きますか。


05:19

保護者の皆様へ

「緊急連絡メール配信」に係る受信の設定について(お願い)

9月10日に生徒を通じて次の文書を配布しています。ご確認ください。
「緊急連絡メール配信」に係る受信の設定について(お願い).pdf

女子用指定スラックスの導入について(お知らせ)

女子生徒の冬期間の防寒や健康への配慮等から女子用指定スラックスを導入することになりました。詳しくは9月25日付で配布した次の文書をご覧ください。

女子用指定スラックスの導入について(お知らせ).pdf

11月2日の配布物について

11月2日に生徒を通じて次の文書を配布しています。ご確認ください。

臨時休校に伴う冬季休業の日程の変更について(お知らせ).pdf

PTA研修会「陶芸体験教室」について(ご案内).pdf
 

省エネへの取り組み

節電に努める他、設備の更新時にはエネルギー効率の高い設備の選定を検討しており、平成29年度においては、電源立地地域対策交付金を活用し、体育館の照明設備をLED化しました。
電源立地地域対策交付金についてはこちら
 

野幌高校パンフレット

 パンフレット
1P.pdf
  2P.pdf




  
3P.pdf
  4P.pdf

  
 

新しいタイプの高校の紹介ビデオ

新しいタイプの高校の紹介ビデオ
「ようこそ わたしたちの学校へ ~北海道の新しいタイプの高校~」

(新しい高校づくり推進室のホームページにリンクします)
本校の取り組みも紹介されています!!
 

カウンタ

COUNTER214720

バナー