校長ブログ

校長ブログ >> 記事詳細

2018/02/21

羽生結弦

| by 野幌高校校長

 羽生結弦選手の金メダルは見事でした。ショートの演技は素人目にも完璧で、身体のキレが素晴らしかったです。フリーのときは、もう限界だったのではないでしょうか。バランスを崩しそうになっても持ちこたえ、野高のことばで言えば、がんばり・ねばり・ふんばりの三ばり精神で滑り切ったのだと思います。
 昨年11月に右足首を負傷し、二ヶ月満足の行く練習ができず、大会にも団体戦にも出場できませんでした。韓国入りし、練習を見られ、インタビューを受け、ある種のプレッシャーを感じずにはいられない状況だったと思います。痛み止めの薬を飲まないとジャンプもできなかったそうです。その中で、気持ちを整え、イメージを作り、自分にできることに集中しようとしたのです。「順風満帆だったら金メダルはとれていない」。素晴らしいです。
 「よい環境だったらできるのだが」「好条件なら頑張れるのだが」と人は考えがちなので、私も気をつけようと思います。スケートは全く滑られませんが。


05:36

省エネへの取り組み

節電に努める他、設備の更新時にはエネルギー効率の高い設備の選定を検討しており、平成29年度においては、電源立地地域対策交付金を活用し、体育館の照明設備をLED化しました。
電源立地地域対策交付金についてはこちら
 

野幌高校パンフレット

 パンフレット
 1P.pdf  2P.pdf


  
 3P.pdf
   4P.pdf
  
 

新しいタイプの高校の紹介ビデオ

新しいタイプの高校の紹介ビデオ
「ようこそ わたしたちの学校へ ~北海道の新しいタイプの高校~」

(新しい高校づくり推進室のホームページにリンクします)
本校の取り組みも紹介されています!!
 

バナー







 

カウンタ

COUNTER185519