校長ブログ

校長ブログ >> 記事詳細

2018/04/12

身体の声を聴く

| by 野幌高校校長
 NHKテレビの特集「人体」が終わりました。タモリとiPS細胞でノーベル賞を受賞した山中伸弥教授が進行役でした。
 テーマは「神秘の巨大ネットワーク」です。人体は様々な臓器、37兆個もの細胞から成りますが、それらは密接な、不思議なネットワークを作り上げています。人体を知るためには、一つ一つの臓器の特徴を把握するだけではなく、お互いに、どのような「メッセージ」を送り合い、どのように関係し合って働いているかに迫らなければなりません。
  例えば、骨に刺激を与えると、骨量が増えるのみならず、老化に抗う「メッセージ物質」オステオカルシンが出され、記憶力や免疫力を高めます。
 最終回に登場した女優の樹木希林さんは「身体の声を聴くこと」について語り「聞き違ってばかりだけど」と笑っていました。
 ネットワークは神秘的でまだまだ分からない点が多いのですが、少しずつ解明されるとがんや心臓病の治療に大きな効果を上げるかもしれません。
 「身体が何を語っているか」を正確に聴き取ることは難しいかもしれませんが、耳を傾けることは大事だと思います。不規則な生活を送ったり、無理を続けると「身体が悲鳴を上げる」と言うのですから。

08:25

省エネへの取り組み

節電に努める他、設備の更新時にはエネルギー効率の高い設備の選定を検討しており、平成29年度においては、電源立地地域対策交付金を活用し、体育館の照明設備をLED化しました。
電源立地地域対策交付金についてはこちら
 

野幌高校パンフレット

 パンフレット
 1P.pdf  2P.pdf


  
 3P.pdf
   4P.pdf
  
 

新しいタイプの高校の紹介ビデオ

新しいタイプの高校の紹介ビデオ
「ようこそ わたしたちの学校へ ~北海道の新しいタイプの高校~」

(新しい高校づくり推進室のホームページにリンクします)
本校の取り組みも紹介されています!!
 

バナー







 

カウンタ

COUNTER185485